新在留資格【特定技能】を利用できる国(国籍)について

最終更新日

新しい在留資格【特定技能】を利用できる国(国籍)は、現在は、下記の9カ国となっています。

  1. ベトナム
  2. フィリピン
  3. カンボジア
  4. 中国
  5. インドネシア
  6. タイ
  7. ミャンマー
  8. ネパール
  9. モンゴル

技能実習やワーキングホリデーなどの協定が結ばれている国を中心に、上記以外の国にも、順次拡大されることが予想されています。

ただし、イランおよびトルコの2カ国については、残念ながら特定技能が利用できるようになることは難しいと思われます。一般的な在留資格【技術・人文知識・国際業務】などの取得が必要となります。

 

Work in Japan! with JIKOPY!

シェアする

Translate »