文化の違い。習慣の違い

Home » 採用企業の方 » 利用検討中 » 文化の違い。習慣の違い
利用検討中, ご契約企業様, 採用企業の方 コメントはまだありません

JIKOPY運営チームの川上です。

外国人と仕事をしている方から、たまに、文化や習慣の違いに戸惑う、あるいは悩む・・・というお話を聞くことがあります。当社にも外国人スタッフがいますので、このお話の背景がなんとなく分かる気もします。外国人スタッフを雇用して一緒に働く以上、どうしても避けては通れない問題(?)なのかもしれません。

当然ではありますが、外国人スタッフは、日本人とは異なる文化、習慣、もっと言えば、異なる教育環境のもと育ってきています。話す言語が違うだけではなく、仕事に対しても、日本人とは異なる価値観や優先順位決めのルールを持っています。家族優先とか、年長者に対する考え方とか、国によっても随分と異なるようですので、仕事観についても、基本的な考え方から違いから、行動の違いに現れているように思われます。

例えば、一説によりますと、日本、中国、ベトナム、インドの4カ国で、仕事に対する価値観・優先順位を比較すると、「仕事」の優先順位が1位なのは、他でもない!日本なのだそうです。中国とベトナムは「家族」、インドは「宗教」が1位なのだそうです。つまり、仕事を優先させようとする価値観は、実は、日本特有と言えるかも・・ということです。日本でも世代間で差が出ていますが、文化レベルでは、それでも日本は仕事優先の思想があるようです。

さらに、日本は、同じ職場で長く働くことを重視する「組織貢献型」であることに対し、中国は、将来の独立起業を視野に入れながら働く「独立起業型」、インドは、IT技術などに代表されるように、専門性を高めることを重視する「スペシャリスト型」、ベトナムは、仕事よりも家族を優先する「一家団らん型」と、働き方についても、大きな違いがあるのだそうです。

あくまでも個人差もありますし、この国のスタッフだから、こうに違いない!と決めつけてしまうことは大きな間違いだと思いますが、あくまでも一般的な話としては、こうした傾向は、理解しておくべきかもしれません。

では、こうした違いにどのように対応すれば良いのでしょうか?

これは、私たちもまだ試行錯誤です。たまに、頭ごなしに「良いから、他の人と同じようにやって!」とか言ってしまいそうになるときもあります・・・(反省)でも、仕事に対する価値観に違いがあることをよく理解した上で、自社の価値観をよく説明することが重要だと考えています。この【自社の】というところが重要ですね。たまに、「ここは日本だから、日本のやり方にしたがってやりなさい。」という話し方をしてしまう方もいるかもしれませんが、これは外国人スタッフにとって自分の文化、ひいては存在そのものを否定されたと感じられ、かえって心を閉ざしてしまう場合があるようです。かくいう私も海外で働いた経験があるので、この話し方をされると気分が悪くなるということは、スタッフ側の視点でもわかる気がしています。

では、どう伝えれば良いか?まず最初に、外国人スタッフの話を良く聞くことが大事という話を入れつつ、そこを前提とた上で、「日本では」なんて言ってしまうと、価値観を押し付けることになりかねませんので、必ず「自社の」仕事に対する理念や考え方を理解してもらうように努めた方が良いと思っています。

外国人スタッフも、日本で働くことを希望してやってきたのです。ですから、ある程度は日本のやり方、会社のやり方に理解したいと思っています。それを、頭ごなしに、「ここは日本だから」なんて言われてしまうと、多少の感情も入って、反発してしまいます。
でも、働いている会社の理念から丁寧に説明されると自分も希望して働いている以上、できる限り合わせたいと柔軟に聞いてくれるはずだと思います。
私たち、JIKOPYでは、採用担当者様の悩みや、外国人スタッフの悩みにも積極的に耳を傾け、それを微力ですが、一緒に解決策を考えながら、優秀な外国人スタッフの定着に貢献したいと思っています!
ぜひ、採用ご担当者様の貴重な経験談やご意見なども聞かせてください。
これはいつもの営業ですが・・・
JIKOPYでの高度外国人採用に興味のある採用担当者様はこちらも御覧ください!掲載は0円から!